ウェディングドレスのうんちく、何故ドレスは白いのか。

ドレス、特にウェディングドレスは全女性の憧れだと思います。あの真っ白な美しいドレスに子供のころから「お姫様みたいで綺麗!」なんて憧れていた女性も多いと思うし、私もそうでした。花嫁、と言うと白いウェディングドレスのイメージですよね。ところがウェディングドレスって元々は白色でなかったってご存知ですか?元々花嫁さんがまとうウェディングドレスは庶民間ではグレー系の色合いが主でした。当時はウェディングドレス=グレー、だったんですね。貴族や王族の間ではカラードレスガウェディングドレスとして使われることが多く、金糸や銀糸で細やかな刺繍を施した豪華なドレスも多かったようです。

なので貴族間では特定の色がウェディングドレスのイメージ、ということはなかったようですね。それが白のイメージに変わったのは1840年のことです。イギリスのヴィクトリア女王が結婚式の時にウェディングドレスを着たのですが、それが従来のグレーのドレスやカラフルなドレスではなく目も覚めるような純白のドレスだったのです。白いサテン地で、レースでトリミングされているドレスだったのだとか。そのウェディングドレスはまさに「雪のような純白」だったのだとか。白色は純潔なイメージもありウェディングドレスにぴったりということで大人気になり、誰もがこぞって白いウェディングドレスを着るようになりました。その結果いつの間にかウェディングドレスがグレーから白色に定着し、今では白色のウェディングドレスが主になりました。今では世界中で白いドレスがウェディングドレスとして愛されています。ですがもちろん、ウェディングドレスは白くないとダメということではありません。日本人の肌には純白が似合わないこともあるので、代わりにベージュやオフホワイト、アイボリーなどの色合いを選んでも構いません。

実際結婚式場の方によると、真っ白のウェディングドレスよりもアイボリーの方が肌なじみがいいこともあって人気があるのだそうです。特に最近はゴールド系のウェディングドレスが流行っていて、30代に人気があります。純白とは違って肌を綺麗に見せてくれる効果がある上、ゴージャス感があります。それからグレーやシルバー系のウェディングドレスもあります。シックな感じになるので大人っぽい仕上がりになりますよ。もちろん純白のドレスに憧れているなら、純白のウェディングドレスでも構わないと思いますよ。